ワンタップバイで投資家になろう!

ワンタップバイ★インベスターのブログ

OTBでプチ投資家デビュー!

若年層ほど投資が必要になる時代の到来

f:id:otb-Investor:20180915021910j:plain

いきなりですが、

 

貯金はしていますか?

少子超高齢化について、ちゃんと理解していますか?

日本の未来は明るいと思いますか?

 

貯金があるなら、そのうちの半分ほど投資に使いましょう。

少子超高齢化をキチンと理解しているなら、リスクヘッジとして投資を始めましょう。

日本の未来は暗いと考えているなら、投資をしましょう。

 

ハイ、今回 言いたいことはそれだけです。

 

え? それだけじゃ意味わからんわ! って?

 

では僭越ながら、あくまでもシンプルに説明させていただきます。

まず、日本という国は…

先進国の中で最も投資をせず、

最も貯金に励む国民性であり、

極めつけは

世界で最も深刻なレベルで少子超高齢化に突入している国 

…ということであります。

そろそろ敬老の日(当記事時間)ではありますが、現時点で100歳以上のお年寄りが約7万人になったそうです。

どんだけー…(;^ω^)

 

日本は今後確実に、そして今以上の経済悪化は100%免れません。

悪化し続ける内需の衰えが日本国内の全ての経済利回りを鈍化させていきます。

経済悪化していくということは、「国」とその「お金」の価値の減少を意味します。

つまり円安からのインフレが進行していきます。

もはや日銀とアベノミクスのインフレ2%目標なんて関係ありません。

これから日本円の価値は下がっていくのだから、

「貯金」はむしろ自殺行為になっていくということです。

 

そして今や日本のほとんどの企業は、内部留保株主還元のみに努めるようになり、

利益を労働者に還元することはなくなってきています。

働けど働けど暮らしは一向に豊かにならず…まさにこのことです。

追い打ちのごとく増税、労働法の改悪、国営事業の民営化(外資化)などなど…

最近、最低賃金を上げる傾向がありますが、数少ない若手の労働者を誘い込むための苦肉の策でしかありません。

そして蔓延るブラック労働。

 

今の若者が年金を貰える頃には、国の「年金制度」なんて見る影もなくなっているのではないでしょうか?

自分で老後資金を用意する気概(なるべく貯金以外で)がなければ老後余生なんて、もはや夢物語になるのです。

iDeCo(個人型確定拠出年金)が登場してしばらく経ちますが、これが意味するものというのが、

国はもうあなた方の面倒を見ることが出来なくなりましたので、

税金優遇措置も付けさせて頂きますから、

どうぞ自分たちで何とかして下さいネ?

…ということなのですよ! (;'∀')

 

また、

「若者の~離れ」がよく取り沙汰されていますが、全ての元凶は、

「お金の若者離れ」なんですがね…

ほとんどの若者が何とかして安定した生活を得るために、

奨学金という名の莫大な借金を背負いながら社会に挑み、

通勤地獄やサビ残に悪戦苦闘の毎日を送り、

そして老人達のために多額の税金を安月給から否応なく献上させられている傍ら、

その年寄りたちは国から過保護すぎるほどのサポートを受けて生活しています。

年寄りを見捨てろと言っているわけではありません。

社会保障バランスが崩壊しているということです。

本来、国を支えるべき若者たちを冷遇するような、

「老人栄えて若者滅ぶ」

このような国に、明るい未来なんか訪れると思いますか?

ねぇ、政治家さんたち!

 

40歳未満の「死亡原因一位」が今の若者達の現状を物語っています。

それは、

病気? 事故?

いいえ

「自殺」です! 

周りの大人たちは、今の若者たちに課せられている重圧に対して理解が無さ過ぎです。

それだけ大人たちも自分たちで精一杯なんでしょうが…

 

日本も日本人も疲弊しています。

しかもそれが悪化し続けていくのです。

そこには絶望しかありません。

 

 「… … … …(´;ω;`)」

 

 

さて、ここからが本題になります。

このような絶望に抗え得る方法が実はあったのです。

もうお気づきでしょう。

それこそが「株式投資」だったのです。

 

日本円の貯金がダメなら、

世界で最も価値のある、

それも、

配当の出る資産」に切り替えていけば良い

のです!!

それは、常に世界一の経済大国である「米国株」に他なりません。

日本は人口減少していきますが、米国や世界人口は増え続けていきます。

人口増加はマーケット価値の増大も意味します。

米国は世界最強企業が軒を連ねているわけですので、今後数十年にわたって躍進し続けてくれることでしょう♪

また、米国は軟弱な日本とは違い、年間で4回配当がほとんどであり、

株主還元意識も強く、よほど企業の利回りが悪化しない限り増配をし続けてくれる傾向が強い国でもあります!

 

今後、第4次産業革命(AIやロボット、自動運転技術など)によって、労働者がいらなくなっていくのと同時に、労働賃金もますます落ち込んでいくと言われています。

つまり労働の価値が下がっていくのです。

(逆に価値が上がっていく仕事もありますが)

今現在も進むオートメーション化、そして労働賃金の低さが問題になっているのも決して偶然ではないということです。

働いても満足な賃金が得られないのと同時に、働きたくとも働き口が無いというような時代が到来します。

そうなる前に、今から「収入の分散化」をしていく必要があります。

このことからも、配当のある世界最先端企業に株式投資をしていけば、来る日本絶望時代に備えることができると思われます。

投資をやるリスクよりも、

投資をやらないリスクの方が上回ってしまったということが言えそうです。

 

投資の世界では、「ホームカントリーバイアス」という言葉があります。

日本人なら無意識に日本国を選んでしまうものです。

確かに、自国であれば言葉も分かるし、企業の情報も得やすいということは言えます。

しかしながら上記で説明したように、これから沈みゆく国の市場に投資初心者が挑むのは、それこそリスクがあります。

でも海外株は怖い?

自国株にしろ、海外株にしろ、投資が怖いというのは恥ではありません。

それでも、もし投資しよう!という姿勢がありながら怖いと思ってしまうのはむしろ自然であり歓迎すべき感覚です。

なぜなら、それに抗うように、徹底的に企業の情報や国の情勢を見極めて投資を行っていくという行動となり、

それこそがリスクを最大限に抑え、望む結果に繋がっていくようになるからです。

 

ただ知っておいて欲しいのは、

いくら米国が世界最先端にして最強の企業揃いだとしても、

リーマンショックのような市場の大暴落が、またいずれどこかで起こってしまう、

そういう覚悟だけは必要でしょう。

 

「米国投資を進めておいて、不安に突き落としてどうしたいの?」

…と、言われてしまいそうですが、安心して下さい。

まだ話の途中です(笑)

 

いままでも米国市場は何度か大暴落を経験しています。

その都度、投資家たちはパニックに陥ってしまったことでしょう。

倒産してしまった企業もあります。

ですが、今の米国市場を見てください。

世界最強企業がズラーと存在しています。

今の米国市場を引っ張っている主要企業のチャートを振り返って見てください。

チャートは上がり続けているのがほとんどのはずです。

結論を言えば、それでも米国市場は成長が止まるどころか上がり続け、

当然のように世界最強の座に君臨しているということです。

現在の株式時価総額ランキングを見れば一目瞭然です。

世界10位圏内に米国が8社、中国が2社あり、

トップ6まで米国が独占しているのです!

(日本企業では唯一トヨタ自動車だけが世界ランク50位付近にいる程度)

 

一部の冷静沈着な投資家たちは大暴落が起こった際、何をしたかと言えば、

暴落した銘柄を喜んで買い漁っていき、

今のようなグロース株になってウハウハになった人たちも多いとのことです。

逆張りというやつですね。

もちろん、それをするには、その企業に対する情報の見極めが重要なのは言うまでもありません。

幾度か暴落した市場でも連続増配記録を50年間以上も途絶えさせていない「配当王」、

コカ・コーラやP&G、ジョンソンエンドジョンソンといった企業もあります。

100%とは決して言えませんが、今後もこれらのような企業なら安心して保有できるのではないでしょうか?

 

投資には確かに元本割れなどのリスク(損)は存在します。

今回、日本を取り巻く時代背景から、

それでも投資は必要になるであろう、ということを強調してきてはいますが、

 

それ以前の問題として、

 

実は…、

資本主義社会において、

「損をしたくないから投資をしない人」

というのは、

「自ら損を選んでしまっている」

という事実も、是非とも知って頂きたいと思います。

 

投資をしない層はどうやって生活資金を得ているのか?

それは、一般的には「労働」になりますね。

収入ルートが「労働賃金」一本だけという人の割合の方が、日本では間違いなく大多数でしょう。

ですが、「労働賃金」というのがくせ者だったのです。

それは、得られた賃金というのは、

まず先立って経営者の利益、株主への配当、会社の経費に支出されたのち、

終的な「残金が貴方の給料として支払われていた」ということです。

これが、労働対価として給料が支払われる際の基本的なお金の流れなのです。

貴方は、

単純労働者である限り、「搾取」され続ける

ということを表しています。

正社員であろうが、バイトだろうが同じことです。

 

資本社会にはヒエラルキーが存在し、

一般的には、

資本家>株主>経営者>労働者

このような図式になるとされています。

 

経済学者いわく、資本での収益と、労働での収益を比べると、常に資本で稼ぐ金額の方が大きい。
つまり、配当、金利、賃料などの資本から得られる所得は、労働をして貰う賃金を常に上回っているということであり、

肉体労働には限界があるが、資本所得には限界がない。
これはつまり、


資本家:金持ちは より金持ちに、
労働者:貧乏人は より貧乏になっていく

 

留まることを知らないグローバリゼーションによって、

世界も日本も、このように経済格差ができていく

のです。

 

結論を言えば、貴方は投資をすることなく、ただの労働者である限り、

いつまで経っても底辺層から抜け出せず、

貧乏人であり続けてしまうという、残酷な現実があるということです。

もちろん、労働をやめろと言っているわけではありません。

日本には、汗水垂らして働く労働は美徳であるという考えがありますが、確かに捨てがたい精神性だと思うのです。

 

しかし、そんな中で労働しながら投資も行うことができれば、

少なくとも今以上の余裕のある生活が得られる可能性は高くなるのではないか?

もっと時代に合った賢い働き方があるのではないか?

…といったことをお伝えしたかったのです。

投資は、「お金に働いてもらう」ということであります。

 

参考にして頂ければ幸いです(*'▽')

 

最後になりますが、

投資を始めたいけど資金が無いという人もいます。

安心してください。

今の時代、数百円から投資できる時代です。

アマゾンやグーグルに個別投資したいが株価が高過ぎて投資できない!

…なんて人はワンタップバイを使えば1000円から個別銘柄に投資できます。

また、ワンタップバイは少額投資コンセプトにデザインされていますので、月5万円程度の売買なら他の証券会社よりも手数料が安くなります。

月に数十万円以上取引したいという人は月額プランに入れば手数料(証券会社との)も気にする必要は無くなるとのことです。

 

数百円や数千円程度の投資では満足なリターンが得られないからやる意味なんか無い!

って言う人もいます。

ある意味では正しいです。

投資金額とリターン額は相関関係にありますからね。

しかしちょっと待ってください。

例えば、

これから投資を始めてみよう!なんて人は間違いなく素人であり、初心者です。

そんな方がいきなり数百万投資に使うなんていうことのほうが現実的ではありません。

素人ではなくとも、仮に100万投資した先が何らかの原因でいきなり暴落し、50万の損失益を被ってしまうことだってあります。

少額投資で仮に1000円投資した先が同じように暴落して500円損失益が出ても、悔しいけど勉強になった!と、冷静に原因を探ることができることでしょう。

(※元本に対する損失益がともにー50%と共通でも額の桁が異なるという意味)

つまり、高額投資はそれだけのリスクも同時に存在していることを意味します。

 

さらには、積み立てるように少額投資をコツコツ続けながら

複利効果」を最大限活用していけば、それが10年後にもなると、

同じ額を積み立て「貯金」してきた人と、

同じ額を積み立て「投資」してきた人とでは、

かなりの大差ができ、

20年後、30年後では、貯金組は投資組に

決定的な経済格差をつけられてしまうのです。

※資産差があるだけでなく、多額に達した投資組はインカムゲインも多額発生していくということがポイントであり、これだけでも大きな差と言えます!

 

え? 40年後以上ならどうなってしまうのかって?

それはもう、指数関数的な差と言っても良いほどのモノになります!

 ※利率によって差は変動します(-ω-)/

 

つまり、「少額投資」はリスクを最大限に抑えながら投資活動を続けていけるという明確なメリットが存在し、

ローリターンは複利効果でカバー出来る!

 

だからこそ、資金がなくとも、素人でも、若年層ほど投資の世界に入ってみるということを推奨しています。

それでも勉強してから投資をしたい!という慎重派もいるとは思いますが、

実際に少額でもリアルマネーを投じてから勉強し始めた方が、身の入り方にも明確な差があるだろう、

…というのが私見でございます('ω')

 

若ければ若いほど、「複利効果」は時間が味方してくれるのです!

 

株式投資」、これを機に始めてみませんか?

 

あ、もちろん自己責任でお願いしますネ ('◇')ゞ