ワンタップバイで投資家になろう!

ワンタップバイ★インベスターのブログ

OTBでプチ投資家デビュー!

ワンタップバイ運用5ヵ月目

f:id:otb-Investor:20181101005927j:plain

運用5ヵ月目にあたり、今後投資を続けていく米国株銘柄を少々修正していこうと思います。

現在の含み益がマイナス10000円オーバー、

投資元本が約286000円、

残現金8000円。

 

10月下旬あたりから、ハイテク株を中心に暴落が続いています。

特にアマゾンに至っては、10月30日に株価1480ドルを記録、

9月4日に2050ドルあったのがウソのようです(笑)

原因としては色々考えられる訳ですが、思い当たることと言えば、

・長引く米中貿易摩擦

米国債券の利回り上昇

・アマゾン第3四半期決算発表による業績不振

・第4四半期も予想下回る見通し

・全カテゴリーの売上鈍化

・マイクロスパイチップ問題(真偽不明)

・デジタル税の導入

…といったところでしょうか。

 

やはり、ITバブルならぬアマゾンバブルだったのかも知れませんね。

正直、アマゾン株をナンピン買いするべきか迷っているんですが、ここは手堅いディフェンシブ銘柄にシフトしていくべきか…?とも考え始めています。

 

IBMも大暴落しています。

10月1日は約150ドル、11月1日は約115ドルとなっています。

もともと不発弾と言われる銘柄だった上、アマゾンと同じく第3四半期決算発表で予想を下回る業績、そして10月からの株式プチパニック市場も影響してか大幅な失望売りを招いたようです。

そんな中、IBMは過去最大クラスのM&Aとして約340億ドルで「レッドハット社」を買収すると発表しています。

莫大な買収費用と大幅な株価下落の中でも、IBMは自社株買いと配当増配をしていく方針のようであり、ココでもナンピン買いをするべきか迷わせてくれます( ;∀;)

IBMよ、起死回生なるか!?

 

ところで、

市場株安局面でもやはりディフェンシブと呼ばれる銘柄は強いですね。

画像の通り、コカコーラ、P&G、マクドナルド、ファイザーだけはプラスのままです。

ま、だから「ディフェンシブ」なんですが、今回改めて実感させられます。

そしてなぜかアップルもプラスのままであり、株安局面でもそこまで悪い影響は受けていないように見受けられます。

 

…というわけで、

今後しばらくは、ハイテク株関連からディフェンシブ銘柄への集中投資にシフトしていきましょうかね。

ですが、先進技術であるAIやIoTに5Gといった次世代技術の進化は止まらないでしょう。

それゆえに、ITインフラ大手の「シスコシステムズ」の存在は無視できません。

シスコも集中投資先に決まりです(*'▽')