ワンタップバイで投資家になろう!

ワンタップバイ★インベスターのブログ

OTBでプチ投資家デビュー!

タバコについて

どうもOTBインベスターです。

今回、タバコについて考えていきたいと思います。

 

ひと昔前の日本では、歩きタバコや公共の場での喫煙は見慣れた日常シーンでしたが、

現在では喫煙場がごく限られたスペースのみになっていたり、飲食店では全席禁煙になるなど、愛煙家の方々はさぞかし肩身の狭い思いをしていますよね。

医学の研究が進むことにより、タバコ喫煙のリスクも社会全体で周知されてしまっていることも一因しているでしょう。

f:id:otb-Investor:20190318044955j:plain

実際のところ、↑このようにタバコの価格(上がり続ける値上げ)が一番辛いかも知れません。

改めて確認すると、タバコ代の内訳50%以上が税金というのはスゴイです(;^ω^)

そしてこのタバコ税により国は1兆円もの財源が得られている訳であり、愛煙家は言ってみれば高額納税者なわけです。

ですが、昨今の喫煙者イジメとも取れる社会風潮では、愛煙家たちは到底納得できるものではないでしょうね。

何故なら、国にとって税収は無くてはならないモノであり、喉から手が出るほど欲しているはずです。

で、ありながらも、社会全体では喫煙者を排斥しようとしている節があり、矛盾ともとれる光景です。

ま、これはおそらく日本以外の先進国が受動喫煙対策といったものに積極的だったので、国際的なイメージ(日本は長寿国)といった評価を気にして、それに追従しているだけな気はします。

そして、タバコ代の値上がりや規制の流れはあっても喫煙者は必ず一定数存在するといった静観がどこかにあるから、ということでしょう。

つまりはタバコ(ニコチン)の依存性です。

タバコを吸うと、ニコチンは脳にあるニコチン受容体に結合、ドーパミン(快楽物質)が発生、それにより喫煙者は快感が生じる。

喫煙後、一定時間で体内のニコチンが切れてイライラする、落ち着かないなどの禁断症があらわれます。

「タバコを吸うと落ち着く」という愛煙家が居ますが、これは依存症から生じた錯覚なわけです。

このようなサイクルでニコチン依存症に陥っていきます。

 

それでもタバコがやめられない! けど健康リスクは気になる!

…といった要望に応えて登場したのが米国のフィリップモリス社製の「アイコス」なわけです。

(現在、フィリップ社以外からでも加熱式タバコは売られています)

フィリップモリスはタバコメーカーでありながら、

「私たちは、煙のない社会をデザインします!」

といった、本来タバコではあり得ないコンセプトを大々的に宣言しているところがユニークです♪

 

電子タバコでもない、新しいタバコであるアイコスは加熱式タバコとも呼ばれ、煙は存在せず水蒸気を吸います。

葉を燃やさず、熱っして蒸した水蒸気を吸う物だからです。

そして、ニコチンは存在しますがタールは存在していません(例外説あり?)。

通常、タバコの葉を焼いてその煙を吸うわけですが、タールはその葉が焼かれた時に発生するものであり、なおかつ有毒性はニコチンよりもタールの方が高いと言われています。

煙が出ないので受動喫煙はほとんど問題なくなりますが、タバコ独特のニオイはあるようです。

そしてニコチンもありますから、ある程度は有害性のある、れっきとしたタバコであり、日本ではもちろん20歳未満は吸ってはいけません。

 

健康リスクが気になる愛煙家の方々、これを機に試してみてはいかがでしょうか?(*'▽')

f:id:otb-Investor:20190120183537j:plain

ところで自分は非喫煙者なんですが、とあるタバコが欲しいと常々思うようになってきました。

それは、

タバコ株です!!

 

やはり、先進国ではタバコ規制は当然のようになってきており、昔から訴訟リスクも高いことから、タバコメーカーにとって逆風揃いな傾向は正直あります。

最近、特に驚いたのが…

ハワイ州議会、たばこ購入年齢を100歳に引き上げる法案を審議

…という、とんでも法案が現れ始めています(笑)

一部のタバコは例外としながらも、段階的に年齢制限を上げていき、2024年以降は100歳とする流れのようです。

こんなことが本当にまかり通るかは別にしても、やはりタバコメーカーにとっては、こういった流れは警戒しているでしょうね(;´・ω・)

そして、それはタバコ株の行方も気になってしまいますよ。

それで調べた結果、これはスゴイ!という感想を持ちました。

 

何が凄いかというと、とにかく全体的に配当利回りが高い!!

 

日本たばこ(JT)直近の配当利回り約5.5%

 

米国

ブリティッシュアメリカンたばこ(BTI) 直近の配当利回り約8%

フィリップモリス(PM) 直近の配当利回り約5%

アルトリア(MO) 直近の配当利回り約5.6%

ベクトルグループ(VGR) 直近の配当利回り14.5%

 

有名どころはこんなところでしょうか?

それにしても、VGRの14.5%って凄過ぎでしょう(*´Д`)

こんな利回り見たことないですわ(笑)

 

ただ、高配当利回りだけで選ぶと火傷するかも知れませんので要注意ですし、社会的な逆風揃いのタバコ株は正直先が読みにくいのがツライところです。

加えて、自分が使っているワンタップバイにはタバコ銘柄が一つもありません…泣

(タバコ株追加してくれないかなぁ…)

ではまた('◇')ゞ