ワンタップバイで投資家になろう!

ワンタップバイ★インベスターのブログ

OTBでプチ投資家デビュー!

日本は既に「超高齢化社会」ではなくなっている事実!!

f:id:otb-Investor:20190323052138j:plain

少子超高齢化の行きつく先は絶望しかない

どうもOTBインベスターです。

いつ頃からか既に分かりませんが、日本は人口減少・少子高齢化(年齢分布が逆ピラミッドになっていく)だと叫ばれ

それにより増え続ける社会保障費(これからは年々1兆円増の脅威)を賄うための増税や国の借金といったものが繰り返されています。

このまま悪化し続ければ、いずれ社会保障制度は崩壊するだろうと見られています。

(政府はそうさせないために借金と消費増税社会保障制度の改悪を繰り返していくでしょうが…)

 

当記事のタイトル的には、ここにきて明るいニュースになるのか!?

と期待させてしまっているかも知れませんが、先に謝っておきます。

違います。申し訳ありません。

 

実は、日本は高齢化社会ではなく、

「超・超高齢化社会になってしまっているという事実です!

これはどういうことかと言いますと、

国連の定義では、人口に占める65歳以上の比率(高齢化率)が

7%以上で「高齢化社会」、

14%以上で「高齢社会」、

21%以上で「超高齢社会」と呼ばれていきます。

日本では7%を超えたのが1970年頃であり、既にこの時点で高齢化社会が危惧されていたんですね。

14%を超えたのが1994年頃、

21%を超えて「超高齢社会」となったのが2007年頃。

つまり、超高齢化社会なんてのは10年以上も前に既になっていたのです。

そして2019年3月現在、高齢化率は28%以上になっています。

ですが、定義上では「超高齢社会」を超える名称は存在していないようですので、

さしずめ、現在は「超・超高齢化社会」になると思われます。

 

そして、これからもなお少子高齢化率に歯止めがきかず、悪化していけば、

近い将来には

「極・超高齢化社会 ←勝手に呼称

…になると思われます。

こうなった時、社会保障制度崩壊以前に、国としての体裁が成り立っているのでしょうか?

増え続ける高齢者比率のピークは2050年頃のようですが、少子化も進み続けると仮定した場合、2060年以降もなお、日本は少子超高齢化が悪化し続けることになります。

 

そして、直近の問題として75歳以上の後期高齢者が全人口の4人に1人となる2025年問題」があります。

それは、

・人口問題

非生産人口1人に対して、生産年齢人口2人で支える割合になる

※参考 50年以上前では、非生産人口1人に対して、生産年齢人口10人ほどで支える割合だった


・医療問題

上がり続ける医療費が危険水準に達し、(現在の基準の)国民皆健康保険制度の崩壊危機

 

年金問題

団塊世代後期高齢者となり年金給付額が100兆円を超える可能性。

※参考 2015年度の実績では、年金機構の総資産は約142兆円、年間の収入(保険料、運用益など)は42兆円、給付総額は41兆円

 

・介護問題

高齢者の急増に介護可能な人員が約40万人不足する可能性。

さらに、介護離職問題、介護からあぶれた約700万人以上もの認知症老人の発生、

※介護職の薄給激務の問題がどれだけ解決されているかが重要

 

そして、総人口の33%以上が高齢者となる2035年問題というものもあるのですが、これ以上絶望の上塗りはしたくないので、とりあえずここでは割愛します。

f:id:otb-Investor:20190120183537j:plain

改めて日本の少子超高齢化という問題を確認していくと、

やはり絶望しか感じません。

このような時代になってしまえば、そりゃ若者は結婚もしないし車も買わないし貯金ばっかりするし総じて消費が滞って不景気になるし専業主婦は絶滅危惧種少子化も歯止めが効かないわけですよ。

 

結論として、今回の記事で何を言いたかったかと言いますと、

→ 若者ほどコレをしろ!! ←…となるわけです。

 

そして、

それは、「シンギュラリティ」とも関係してくるのですが、それはまたいずれ…

 

では、また('◇')ゞ

グーグル、ゲーム市場に本格参入!!

f:id:otb-Investor:20190322020740j:plain

ゲーム市場参入で株価上昇!?

どうもOTBインベスターです。

現在、ビッグニュースが世界を駆け巡っています!(; ・`д・´)

あのグーグル(アルファベット)がまさかのゲーム市場に本格参入するようです。

 

新ゲーム事業「スタディ

従来のようにゲーム機本体やソフトは必要とせず、インターネットとクラウド上でゲームをプレイできるコンセプトのようであり、スマホでもプレイできる展開も視野に、

また、ダウンロードではなくストリーミング配信でのゲームプレイになるようです。

スタディア展開開始と同時に100タイトル配信予定。

 

時期的に5Gと重なることから、VRやARを利用した内容も織り込まれていきそうですね。

料金体制や正確な発売日(2019年度内は確定か)は明らかになっていませんが、

導入される国は先だって欧米、欧州となっており、日本は現在、入っていません(*´з`)

しかしながら、日本市場に上陸するのも時間の問題かと思われます。

 

日本ゲーム市場では目下、ソニーやニンテンドウ、アプリゲーが凌ぎを削っています。

ソニーに関する噂では、そろそろプレステ5が発表されるとかされないとか…、

…と、ゆっくりしているさなかに、脱ハードで参入してくるグーグル相手にどのようなゲーム競争が展開されていくか楽しみですね♪

 

ちなみに、市場相場とは面白いもので、スタディア発表と同時にソニーとニンテンドウの株価が下がり、グーグルは上昇しました。

ワンタップバイではこれら三社に投資可能ですが、アナタならどちらに投資しますか?

 

では、また('◇')ゞ

5Gにまつわる怖い話

どうもOTBインベスターです。

f:id:otb-Investor:20190321170916j:plain

今年から世界的に5G関連が本格スタートし、5G対応スマホやデバイスが続々と投入される見通しです。

日本でも急ピッチで通信システムの変更、通信・産業機器の追加や入替が行われており、2020年から本格的に運用開始されるようです。

そして5G対応スマホとして、

サムスン製の「ギャラクシー S10 5G」、

ファーウェイ製の折り畳むことも出来る「Mate X」

…が発表されました。

アップルは2020年頃に5G対応iPhoneを発売する予定であり、

日本製(ソニーシャープ)もそれ以降になります。

 

5Gにより、社会的・産業的な大変化がもたらされ、

自動運転(車、タクシー、バスなど)、

IoT化(ありとあらゆる家電とインターネットが繋がる)、

動画コンテンツの超進化(4Kや8Kが当然となり、VRARがスケールアップ)が可能、

…となり、医療においても遠隔で精密治療が可能になるとされています。

これらはほんの一例に過ぎません!!

f:id:otb-Investor:20190120183537j:plain

ところで「5G」とは何か?

もはや今更ですが、おさらいといきましょう。

5Gとは、「第五世代移動通信システム」のことであり、現在は4G(LTE)が主流となっています。

5Gになることで、

・通信速度が最低でも現在から10倍~100倍向上、

・1ミリ秒の超低遅延となり、特に自動運転システムと相性抜群。

・複数機器と超同時接続が可能(IoT化)

…が実現できます。

f:id:otb-Investor:20190120183537j:plain

このような劇的変化がもたらされますので、

今からでもソレに関係する企業に株式投資をしていけば、かなり面白い結果が得られる算段は高いと言えます(通信機器や電子部品を製造するサプライチェーンにも大きな影響を及ぼすことが予想)。

ワンタップバイ的には、

米国

・通信設備大手「シスコシステムズ」、

「マイクロソフト」(5GとホロレンズによるAR)

半導体シェア世界2位の「インテル

 

日本 では「ソフトバンク」、「東京エレクトロン」、「信越化学工業

…が投資先として特にオススメできそうです。

f:id:otb-Investor:20190120183537j:plain

↑以上のようなメリットがありますが、

ここからはデメリット部分や怖い話を展開していきます(;´・ω・)

まず一つ目、

オランダで5G実験により野鳥大量死事件!

内容として、5Gアンテナはどこまで電波範囲が得られるか、建物内での変化やその影響…といったデータ取得のための実験中、程なくしてカモやアヒルの謎の大量死が起き始めます。

その予兆として、野鳥たちは何かから逃げるような行動をとっていたそうで…。

死骸を調べた結果、どうやら伝染病でも毒物を食べたようでもないことが判明。

そして、実はこのような5G実験による変死や怪現象は世界各地でも起きているようであり、日本のメディアは全く取り上げていない。

これから5Gが本格スタートしていく中、人体ではどのような影響を受けてしまうのか全く分かっていません。

ただ、現在でも既に、稀ではあるものの「電磁波アレルギー」なるものと診断される人がいるようであり、

それほど酷くなくとも、頭痛・イライラが起きやすくなっている方は、もしかしたら電波や電磁波の影響が原因の可能性はあります。

脳の機能としても、微弱な電気信号によって作動しているので、影響を受けてしまっていても不思議ではありません。

このことからも、電波や電磁波は目に見えない分タチが悪く、生命体に何らかの悪い影響を与えてしまう可能性は否めません。

 

次の怖い話ですが、

5Gシステムによる人類監視・コントロール社会の到来!?

ありとあらゆるモノがインターネットに繋がるIoT化により、

個人が普段どのような日常生活を送っているか、

どのような機器を使ってどのようなサービスを利用しているか、

このようなことが全て把握することが理論的に可能になり、

また、IoT化されている機器に…

・ハッキング→全ての機器の機能不全や誤作動誘発

・コンピュータウイルス流入→ 〃

このように5Gシステムの悪用で人類をコントロール下におくことも可能になってしまう。

自動運転車やドローンも5Gにより複数機を超同時接続して動かすことが可能になるため、テロに使われる懸念があります。

 

AIも年々進化し続けているため、AIカメラで個人認証がリアルタイムでいくらでも可能になり、世界中どこでも追尾され、プライバシーも何もあったもんじゃない。

特にこのような動きは中国がひときわ目立っている。

マイクロソフトはこのようなディストピア回避のため、顔認証技術に法規制をと訴えています。

f:id:otb-Investor:20190120183537j:plain

やはり、どんなモノであれ、光と闇の部分があります。

プラスを追い求めるほどに、実はそれと全く同等レベルのリスクを手に入れてしまうものなのでしょう…。

 

プレシンギュラリティも控えていますので、

新時代と新技術に関する正しい認識がより一層、個々人に求められていきそうです。

では、また('◇')ゞ