ワンタップバイで投資家になろう!

ワンタップバイ★インベスターのブログ

OTBでプチ投資家デビュー!

アップルについて②

f:id:otb-Investor:20181116051344j:plain

こちらのアップル関連記事の追記になります。

こちらも合わせてどうぞ

 

本日もアップル株は下落を続け、記録上190を下回ってしまいました。

今後、アップルショックがどれだけ尾を引いてしまうのか、

さらにアップル株の下落が進んでしまうのか、判断が難しいところではあります。

 

そしてiPhoneの売上台数増加は今後も難しく、それがアップルの成長鈍化になるのだと…。

 

ですが、実はアップルはそういったことを見越していたのではないかと考えます。

 

つまり、アップルは販売台数で競うのではなく、

アップルブランドの全面押し+高額機による利益増を狙う戦略に切り替えたのでしょう。

iphoneの販売台数伸び悩みがもし他メーカーの低価格スマホのせいであるとしたら、アップルもそれに対抗した低価格帯iphoneをラインナップすれば、十分に対抗していけるはずです。

世界が認める「アップルブランド」ですから。

ですが、そうしなかった。

理由はやはり、アップルブランドの安売りだけはしたくなかった、ということが言えるのではないでしょうか?

 

今後のアップル次第ではありますが、今までのような株価の上昇は難しくなったかもしれません。

ですが、自分はアップル株への投資は続けていきたいと思います。

まず、iPhone売上台数は鈍化していてもアップルの全体利益は増加傾向にあります(特にアップルサービス関連)。

アップルは配当を年4回出しており、今現在の配当利回りはまだ2%も無いぐらいですが増配は滞ることなく続いています。

配当性向もわずかに上昇傾向であり、年ごとに10%ほど増配。

そして今後数年に渡って間違いなく増配は継続できるでしょう。

なぜなら、フリーキャッシュフローが約4兆円以上と世界トップです。(時価総額もトップ)

これだけ余剰資金があれば自社株買いも増配も余裕で行え、いくらでも株主還元ができます。

近い将来、超優良にして高配当銘柄に化ける可能性があるということです♪

 

AI関連が世界的に台頭してきていますが、アップルだけはあまり表立って目立つモノが無いように見受けられます。(AIスピーカーHOMEPADはありますが)

しかし、それも含めて、アップルの進化が今後どのような展開をしていくのか、

期待値はまだまだ高い! そう断言できる優良企業だと思います。(*'▽')

 

 

 

 

アップルショックでマイ転再び…(;^ω^)

 f:id:otb-Investor:20181115054714j:plain

 

中間選挙が終わり、市場が落ち着いてプラ転になったのも束の間、

再び重い展開となってきました…。

 

最近、アップルショックと呼ばれる現象が市場をざわつかせているようです。

アップル関連の悪いニュースにより、またまたハイテク関連を中心とした「つられ安」が起こっています。

 

アップルは今なお、売上高の構成比率の約60%を占めているのがiPhoneだと言われています。

しかし、世界的にスマホ需要は停滞ぎみ(飽和?)になっているのと同時に、

中国などの低価格スマホが台頭してきているため、iPhoneの販売台数は伸び悩むだろうというのが世間の常識だったと思われ、

事実ここ最近2~3年のiPhoneの売上台数は横ばいでありました。

しかもここにきて、アップルは今までに無いほどの高価格機をリリースしており、

それが販売台数の伸び悩みを加速させ、

さらに、アップルはiPhoneの部品供給数を減らすよう、サプライヤー各社に通達したことにより、

懸念されていた販売台数低下が誰が見ても分かるような内容で顕在化、

サプライヤー各社(日本企業も多い)の業績下方修正が必要になったことによる株売りが広がり、

アップルはもちろん、米国市場も日経平均も大幅なつられ安となった模様です。

 

アップルはiPhone販売台数による市場心理悪化を防ぐ(隠す?)ため、販売台数を非公開化することも発表していますし、

これら複数が起因して今回の市場悪化に繋がったと思われます。

 

 

 

大幅なプラ転 キタ━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━!!!!

 f:id:otb-Investor:20181109011356j:plain

やっとこさ、含み損から含み益に戻りました!

アマゾンが1480ドルの時、それだけで含み損が1万1千超えの時はどうなることか

ヒヤヒヤもんでした(笑)

アマゾンだけはまだ重い感じではありますが。

今年中に2000ドル回復して欲しいなー…

 

また、ハイテク株関連は全て暴落していたため、その時期の全体含み損では1万5千ほどであり、ワンタップバイ運用開始から初めての暴落市場を経験することができ、良い体験になったのではないかと考えています。

株価は常に変動するものであり、上昇オンリーなど不可能であるということですね。

(ちなみに、手堅い優良株はありがたくナンピン買いさせて頂きました(*'ω'*)♪)

 

超~長期投資を念頭に運用していますので、2歩進んで1歩下がる、というような感じであれば一先ず安心なんですが。。。

 

ところで、「デジタル税」というのが気になっています。

導入されるとしても2020年以降のようですが、これが施行されれば間違いなくアマゾンやグーグルなどの収益は低下してしまうのでしょうね。

 

無配当グロース株は株価による株主還元が求められるのですが、今後このような銘柄への投資は今以上にシビアになっていく気がするし、そのようにしていく必要が出てきそうです。